大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

大学生の一人暮らしはワンルームと1Kどちらがいいのか?

ワンルーム 1K

どーも。犬男です。

一人暮らしをするにあたって、部屋選びは大切ですよね。

「だいたいこの辺がいいな」と場所選びが決まったら、その付近で部屋を探しますよね。

大学生なら基本、ワンルームか1Kの部屋を探すと思います。

そこで今回は大学生の視点から、ワンルームか1kそれぞれのメリット・デメリットについて書いていきます。ぜひ参考になればと思います。

 

 

ワンルームと1Kの違いって?

1Kはみなさんが、よく想像しているあれです。扉を開けたら、キッチンがあってまた扉を開けたら部屋がどーんって待ち構えてるあれですね。

ワンルームは、定義が難しいですがキッチンが扉なしで部屋と繋がっているやつですね。玄関の前にすぐ部屋が広がっているものを想像する人も多いと思いますが、最近の部屋は玄関の前にトイレや洗面台、お風呂があるものも多いです。その向こう側の扉を開けたら部屋が広がっている感じですね。

もちろん、玄関の前に部屋が広がっているものもあります。

 

ワンルームのメリット・デメリット

メリット

安いところもある

1Kの部屋に比べると、若干安いです。名古屋の物件で調べた感じだと、管理費込みで数千円は安いってくらいですね。

自炊中に気温に左右されない

部屋の中にキッチンがあるので、真夏でも真冬でも快適に料理ができますね。自炊する人や、極端な暑がりさんや寒がりさんにはありがたいかもしれないですね!

部屋が広く感じる

キッチンと部屋が繋がっているので、部屋が広く感じます。のびのびしたい人にはもってこいだと思います。

 

デメリット

自炊する場合に匂いが気になる

部屋とキッチンの仕切りがないから、部屋の中の匂いが気になります。自炊しない人にとっては、あまり関係ないですけどね笑

生活スペースが別れていない

これは捉え方によって変わりますが、生活スペースとキッチンが同じ場所にあるので慣れるまでは違和感を感じると思います。

電気代がかかる

扉がないので、キッチンまで空調が効くのはメリットですが、電気代を節約したいときにどうしても全体に空調が行き届くまでに無駄だと感じてしまいます。

 

1Kのメリット・デメリット

メリット

しっかりとした生活スペースがある

1Kでは部屋がしっかりと確保されており、キッチンやトイレ、お風呂などは別であるので自分の私生活の空間をしっかりと作り上げることができます。

匂いが気にならない

キッチンと部屋の仕切りがあるので、料理後の匂いもゴミも気にならないですよね。油物はどうしても匂いが残りますし、洗い物は次の日にしたいという日にも仕切りがあるので匂いがないのでいいですね。

 

デメリット

部屋が狭く感じる

だいたいどこの部屋を借りても6畳・7畳が多いですね。今みなさんが持っている自分の部屋の広さくらいだと思います。なので、部屋をコーディネートしたい人には物足りないかもしれないです。

 

結局どっちがいいの?

これは、僕の主観ですが1Kが良いと思います。自炊したいのでキッチンと部屋は別の方が良いですし、節約するには扉を閉めれてできるだけ狭い空間をつくることができる方がいいかなって思います。

しかし、自炊もしなくできるだけ安い方が良いという方はワンルームでも問題ないかなって思います!

 

最後に

今回、比較して思ったことはワンルームにあるものは1Kにもあるので、家賃もそこまで変わらないのであれば積極的に1Kでお部屋探しをしていいんじゃないかなって思いました。

僕も、1Kに絞って探していきたいと思います!

 

一人暮らしにかかる費用を項目別に解説した記事です!

www.inuotoko.work

 


 

にほんブログ村にとびます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村