大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

一人暮らしの費用を細かく解説します。一人暮らしの参考にしてください。

一人暮らし費用

どーも!犬男です!

もうすぐ引越しシーズン?一人暮らしが始まるシーズン?に突入しますね!

一人暮らしにはお金がかかります。

でも、色々な費用があって何が何だかわかんないですよね。今回は、できるだけ分かりやすく種類別に一人暮らしにかかる費用を解説していきます!

 

一人暮らしにかかる費用

一人暮らしをするにあたって必要な費用は大きく2つあります。そもそも支払わないと入居することができない初期費用と、入居後に生活をしていくために必要な生活費です。

さらに、人によってかかってくる費用もあります。

それぞれ見ていきましょう。

 

一人暮らしの入居時に必要な費用

こちらは、一人暮らしをする際に最低限必要な費用です。この費用を支払わないとそもそも一人暮らしができません。

  • 敷金:      家賃1ヶ月分 ★
  • 修繕費分担金:  数万円から10万円
  • 礼金:      家賃1ヶ月分 ★
  • 契約一時金:   数万円から10万円
  • 仲介手数料:   家賃0.5~1ヶ月分 ★
  • 鍵交換費用:   1~2万円 ★
  • クリーニング費用:3~5万円
  • 初回保証料:   家賃0.5~1ヶ月分 ★
  • 火災保険料:   1年で1万円程 ★
  • 前払い家賃:   家賃1ヶ月分 ★

★のマークは、どの物件にも基本的にある初期費用です。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

敷金(敷引・償却金) ※初期費用

入居時に一時的な預かり金として払い、退去時に返してもらえるお金のこと。

しかし、退去する際に必要な修繕費はここから払われることになるので人によっては返ってこなかったり、むしろさらに払うこともあります。

基本的には、返ってくるお金ですが敷引・償却金と書いてあったら返ってこないお金になるので気をつけてください。

最近では、ないところもよく見かけます。

敷金は基本的に家賃の1ヶ月分であることが多いです。

 

修繕費分担金 ※初期費用

敷金と同じく、退去時に部屋の修繕などにあてられる費用のことです。

ただし敷金と違うのは、敷金は基本戻ってくる費用ですがこの修繕費分担金は戻ってこないお金なので注意してください。修繕費分担金はないところが多いです。

数万円から10万円くらいと幅広い料金設定になっています。

 

礼金 ※初期費用

家主さんに払うお礼金のことです。最近では、ないところも多いですね。

基本的に家賃の1ヶ月分であることが多いです。

 

契約一時金 ※初期費用

礼金と同じく戻ってこないお金です。礼金と同じような、意味合いで使われていますが、10万円などとかなり多く取られる場合もあるので気をつけてください。

下手をすれば礼金と契約一時金、両方支払う物件もあります。

ただし、ほとんどの物件が契約一時金はないと思います。

 

仲介手数料 ※初期費用

部屋を探すにあたって、仲介してくれた仲介業者に払うお金のことです。

この費用はなしのところは少なく、基本的に必須な費用と考えていいと思います。

法律の元、家賃の0.5ヶ月分から1ヶ月分と決められています。

 

鍵交換費用 ※初期費用

部屋の鍵を交換するための費用です。前の住居人と同じ鍵だと困るので笑

前の人が払えよ!と思うかもしれませんが多くの物件は入居人が払うことになっているので我慢するしかないですね。

鍵の種類にもよりますが、1万円〜2万円程です。

 

クリーニング費用(消毒費用) ※初期費用

入居する際に、部屋の掃除や虫が湧かないようにするための消毒をするための費用です。

この費用はある物件もあれば、ない物件もあります。

3万円から5万円程です。

 

初回保証料 ※初期費用、毎年更新あり

保証会社が保証人の代わりになってくれるものです。借主が滞納してしまった際などに、保証人代わりになります。

保証人がいる・いないに関わらず、必須としている物件もありますし、保証人がいれば必須としない物件もあります。

基本的に入居時は、家賃の0.5ヶ月から1ヶ月分となっていて、毎年更新する時には1万円程になっています。

 

火災保険料 ※初期費用、期間毎に更新あり

火事が起きた際、起こしてしまった際に、自分への保険や大家さんへの責任保険、隣家への責任保険など種類が色々あります。

だいたいどこの物件でも必須となっていると思います。必須でなくても入るべきだと思います。保険会社が指定されている場合もありますし自分で選ぶ場合もあります。

1年更新や2年更新のものがありますが、1年間で1万円前後となっています。

 

前払い家賃 ※初期費用

入居する際に、次の月の分まで払っておく家賃のことです。その次の月は家賃を払わなくていいので、必要な費用ですが損する感情は持たなくてもいいと思います笑

家賃1ヶ月分が費用ですね。

 

一人暮らしの入居後に必要な費用

こちらは入居後に、継続して一人暮らしをするために必要な費用と、生活して行くために必要な費用となります。

  • 家賃       :3~10万円
  • 水道光熱費    :1万円程
  • 電気代      :3000円程 
  • インターネット代 :3000円程
  • 保証更新料    :1万円程(1年ごと)
  • 火災保険料    :1万円程(1年ごと)
  • 町内費      :数百円
  • 家電       :10万円程(1回限り)
  • 家具       :4万円程(1回限り)
  • 消耗品      :3000円程
  • 食費 自炊あり  :1~1.5万円
  • 食費 自炊なし  :3万円程

()以外の費用は全て毎月かかってくる費用です。

それでは、細かく見ていきましょう!

家賃(管理費・共益費) 

部屋を貸してもらうために払う費用のことです。言うまでもありませんね笑

管理費と共益費はだいたいどこの物件にもありますが、家賃と合わせて毎月〇〇円だなと考えてもらえればいいと思います。

共益費と管理費は、3000円から8000円程です。

家賃は、発展している地域ほど高くなっていきます。1Kで3万円から10万円程で、部屋によって大きく変わってきます。

基本、一人暮らしとなれば1Kかワンルームですよね。

1Kとワンルームの比較についての記事

大学生の一人暮らしの家賃はどれくらい?

 

水道光熱費

水道代や、ガス代、電気代のことです。ガスには都市ガスとプロパンガスとありますが、都市ガスの方が安いとされています。

この費用は、季節によっても変わってくると思いますが1万円程になると思います。

 

電気代

電気代は季節によって変化する費用の中で1番変化するんじゃないでしょうか。基本的に3000円程で考えてもらっていいと思います。しかし、冬や夏はエアコンの使用もあって大きく変化してきます。

 

インターネット代

インターネットを使用する際に払うお金です。最近は無料のところが多いと思いますが、物件によっては毎月払うところもあります。

費用は3000円前後となっています。

 

保証更新料

上記でも書きましたが、保証会社利用の更新料となっています。

毎年1万円程かかります。

 

火災保険料

こちらも上記に書きましたが、1年間や2年間更新のところが多いです。

1年で1万円前後となっています。

 

町内費

その住む地域に払うお金のことです。払う義務があるわけではありませんが、近所付き合いのこともあるので払っておいた方が良いかもしれませんね。

毎月300円とかなので払うべきだと思います笑

 

家電 

一回買ってしまえば、それ以上かかってくることはありませんが高くつきますね。

 

・エアコン

取り付けられている物件もありますが、もし付けられていなければ買うしかないですね。冬はなんとかなっても夏はエアコンなしでは生きてけません!

3万円から5万円程です。

 

・洗濯機

人にもよりますが、一人暮らしなら4.5キロから5.5キロの物を買えば良いと思います。

1.5万円から3万円です。

一人暮らしに勧める洗濯機。まとめて洗う派?こまめに洗う派?

 

・冷蔵庫

自炊をするかによって大きく変わってきます。

自炊をしない人であれば、100リットル前後のもので良いと思います。2万円前後ですね。

自炊をする人であれば、最低でも150リットルはほしいです。3万円以上は覚悟しましょう。

また、霜取りをしなければいけないものもありますし、不要なものもあります。

霜取り不要なものは割高になってしまいますが、楽なのでおすすめします。

一人暮らしをする際の冷蔵庫の選び方!ポイントごとに解説!

 

・掃除機

コードタイプのものとコードレスタイプのものがありますが、ロフトがあるような部屋ではコードレスタイプの方をおすすめします。

また、車を持っている方はコードレスのものならシートもかけれるのでおすすめです。

1万円程出せば買えます。

 

・炊飯器

一人暮らしなら3合も炊ければ十分なので、1万円も出さなくても買えると思います。

美味しいお米が食べたい方は、良いものを買うことをおすすめします。

2合炊いて、食べない分は冷凍しておくと楽ですよ。

炊飯器がいらない!?炊飯マグを一人暮らしの方に推す

一人暮らしにすすめる炊飯器。一人暮らしには3合のものでよし!

 

・電子レンジ

あっためるだけの機能がついた電子レンジと、オーブンの機能がついたオーブンレンジがあります。自炊をしてオーブンを使いたい方や、朝はパン派でオーブンで焼きたいと言う方は、オーブンレンジをおすすめします。

それに当てはまらない方は、コンビニ弁当が入るサイズのものを買えば良いと思います。

電子レンジは1万円も出さずに買えると思います。オーブンレンジになると、1.5万円程です。

一人暮らしの電子レンジ選び!選ぶポイントを解説

 

・電気ケトル

自炊をする方もしない方も電気ケトルはあると便利ですね。自炊する時間ない時に、カップラーメンを食べる時はどうしてもあると思いますし、自炊してる時にもあるとなんだかんだ使いますよね。

3000円程で便利な生活送れると思ったら買って損はないですね。

 

家具 

部屋を満足いくまでコーディネートしたいと言う方は、高くついてしまうかもしれませんがそうでもない方はできるだけ抑えるようにしましょう。

 

・ベッド

ベッドにこだわる方は多いですよね。マットレスにも色々な種類がありますし、高品質のものを求めたら5万円は最低でもかかってきますよね。そこまでこだわりがない方は、2万円程で収まると思います。

 

・座卓

一人暮らしなら、テーブルとかよりも座卓の方が良いと思います。人によりますが笑

5000円程度で買えますし、おすすめです!

 

・カーテン・マット

コーディネートしたくなくても、まあここらへんは必須ですよね。

それぞれ安いものなら3000円程度で買えます。

 

・調理器具・食器類

これは、自炊する人としない人で大きく違ってきますね。

自炊しない人は、最低限のお皿とコップ、おはしなどがあれば良いと思いますが、自炊するとなればフライパン、鍋類、包丁からまな板まで全て揃えることになります。

自炊する方は、一式全て揃えるのに1万円は超えてきます。しかし、100均で食器類やおたまなどを揃えたら1万円もしないと思います。

 

消耗品

トイレットペーパーやシャンプー、掃除用品など毎月買うものに変化はあると思いますが、3000円前後になると思います。

 

食費

自炊をするかしないかで大きくかわりますが、しない人であれば3万円はかかってくると思います。する人であれば、うまくやりくりすれば1万円程度で済みます。

学生であれば、賄い付きのバイトをすることでさらに抑えることができそうですね。

 

人によってかかってくる費用

人によっては、かかったりかからなかったりする費用です。自分は当てはまる、当てはまらないで判断して参考程度に見てください。

 

交際費(遊び、趣味など)

人との付き合いで、飲みに行ったり遊びに行ったり、結婚式やお葬式などの式に参加することによる費用があります。

また、趣味にお金を使う人はその費用も考えてください。

 

コンタクト代、化粧品

目が悪くコンタクトを使用している人は、コンタクト代も頭に入れておいてください。

また、女性の方は化粧品にもお金を使います。人によって、金額は変わってくると思いますが自分が普段どれほどお金を使っているかを知ることも大切ですね。

家計簿をつけることをおすすめします。

 

交通費、駐車場代

 一人暮らしをしているとはいえ、バスや電車を使う人はいると思います。さらに、車を乗る人は駐車場代や車の維持費も必要ですね。

交通費は人それぞれ大きく変わってくると思います。駐車場代については、一ヶ月で1万円程度じゃないでしょうか。

・一人暮らしの大学生が車を持つと費用はどれくらいかかる?

 

一人暮らしの費用を抑える方法

今回解説した費用全てを払う必要はありません。費用はある程度抑えることができます。大学生なら特に、できるだけ抑えて貯金を残すのが大切になってくると思います。

 ・一人暮らしを始める際の初期費用の抑え方についての記事

 

フリーレント物件

最初の1ヶ月や2ヶ月分の家賃を払わなくていいよってシステムです。

大家さんもできるだけ部屋を埋めたいので、このようなフリーレントを利用して住人を集めます。お互い、WinーWinの関係になるので嬉しいですね。

フリーレント物件をおすすめする!

 

敷金・礼金なしの物件

家賃5万円のところに住むと、敷金と礼金の2つだけで10万円払うことになります。しかし、敷金・礼金なしの物件を探すことでその10万円分浮くことになります。かなりでかいですよね。ぜひ部屋を探す時には敷金・礼金なしの物件を探すことをおすすめします。

ゼロゼロ物件は大丈夫なのか?

 

新築または未入居の物件

この2つなら、確実に前の住人はいませんよね。なので、鍵交換費用がかかりません。それだけでも1万円程は抑えられます。

さらに、新しいということでクリーニング費用がないところも多いです。3万円程抑えられるので、ぜひ探してみてください。

 

家電家具付き物件

生活に最低限必要な家電や家具が備え付けられている物件があります。

家電や家具にこだわりがない方にはおすすめします。それらが抑えられるだけでも10万円以上は抑えられると思います。

 

日々の節約

これは本人の意識によって誰でもできることです。使ってないコンセントを抜くことや、便座を閉める、水を出しっぱにしないなど日々の積み重ねが大きな節約になります。

一つ一つ意識してぜひ節約を繰り返してください。

積み重ねが大切です。

一人暮らしは様々な費用がかかる

ここまで、長く解説してきました。ある程度必要な費用は把握できたでしょうか。ここにあげた費用以外にもかかってくる費用はあると思いますが、基本はこのくらいだと思ってもらって良いと思います。

初期費用は、最高でも家賃の7ヶ月分程度かかり、工夫や妥協によって抑えることができれば家賃の5ヶ月分前後で済みそうですね。

さらに、毎月最低でも10万円は支払える状況にある必要がありそうですね。

ぜひ、一人暮らしをする際の参考になれればと思います。

・大学生の一人暮らしの生活費はどれくらいかかる?