大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

一人暮らし大学生の家賃はいくらが正解?僕の独断と偏見で決めます。

一人暮らし家賃

こんにちは。皆さん大学生になる前に、一人暮らしに向けての計画、準備を進め始めている頃じゃないでしょうか。

仕送りがあるかないかは人によって変わってきますが、大学生の一人暮らしの家賃はどれくらいのものなのでしょうか。

今回は家賃に目を向けていきましょう!

 

 

大学生が住むのはどんな部屋がベスト?

部屋によっても家賃が大きく変わってきます。ワンルームであったり、1K、1DKなど一人暮らしの部屋にもたくさん種類があります。

大学生なら、その中でも安いワンルームか1Kをおすすめします。

ワンルームと1Kを比較!

ワンルームか1Kなら比較的安めな家賃で入居することができます。他の部屋に比べると狭く感じるかもしれませんが、一人暮らしなら十分生活できる広さなので、大丈夫だと思います。

 

一人暮らしの家賃相場は?

f:id:meron02:20200210112156g:image

出典: 全国各地の家賃相場

ワンルーム、1Kの部屋なら名古屋・大阪は5〜6万円、東京だと6〜7万円程になります。3大都市に次ぐ、福岡は、4〜5万円と少し安くなってます。

どこに住むかにもよりますが、5万円前後で見積もるのが良さそうですね。

家賃は、生活費の大部分を占める費用となってますのでできるだけ検討して決めていきたいところです。

大学生の生活費についての記事はこちらから。

 

都市じゃない大学生の家賃は?

上では、都市のおおまかな家賃を解説しました。都市じゃないようなところの大学に通う学生の家賃は?ってなりますよね。

実は、1Kやワンルームくらいの間取りならどこに行っても家賃はあまり変わりません。

東京や大阪の一部の栄えている地域だけ少し高いですが、他のところは場所によってはあまり変わらないんです。

築年数や、アクセスの良さで変わってくるのは事実ですが、都市だから田舎だからという理由ではあまり関係してきません。

 

なんで都市の家賃相場は高いの?

僕の見解ですが、都市では新しいアパートがどんどん建設されていきますよね。

築年数が新しい物件は、家賃も高くなります。なので、自然と新築が多い都会の家賃相場は高くなってきます。

それに対して、田舎と言われるところでは築20年くらいの物件が目立ちます。よって、自然と家賃が低くなります。

だから都会の家賃相場は高く感じるんですね。何度も言いますが、東京や大阪の大都会と言われるような一部の地域は築年数関係なしに家賃は高価格で設定されています。

 

大学生の家賃は抑えた方がいい?

結論から言うと、できるだけ抑えた方が良いとは思います。

上でも述べたように、生活費の大部分を占めるものとなっているので家賃をどうするかによって大学生活も大きく変わってきます。

せっかくの大学生という時期ですので、サークルや旅行なども満喫したいですよね。

 

どうやって家賃を抑えればいい?

せっかく家賃を抑えられるなら、抑えれるところは抑えた方がいいですよね。

 

フリーレント物件

この物件は、最初の1ヶ月や2ヶ月分の家賃を支払わなくてもいいよというものです。

継続して抑えられるわけではないですが、最初の2ヶ月でも家賃が無料であれば10万円程抑えることができるので、大学生にとってはかなり大きいですよね。

 

築年数が10年以上の物件

一人暮らしをする時は、築5年や3年以内で探すのが一般的ですがその制限をなくすことで、家賃が安い物件が多く出てきます。

ある程度年数が経っているところでも大丈夫という方のみにおすすめしますが、築20年くらい経っているところは新しい物件と比べて1万円程安いところが多いです。

 

アクセスが不便なところ

駅から遠い、住宅街で周りに学校や職場がないようなところなどは人も集まりにくく自然と家賃が低くなります。そこまで大きくは変わらないかもしれませんが、築年数が比較的新しいようなところでもそこそこの家賃で入居できます。

自転車で大学に行くのもありかもしれません。

 

大学の寮を借りる

寮を持っている大学も数多く存在します。しかし、ある程度その大学のルールがあったり、古臭かったりと住みづらさはあります。

それさえ気にならなければ、確実に大学に近い場所でさらに他のアパートと比べて確実に安いので、極力抑えたい方にはおすすめします。

進学先の寮について調べてみてはどうでしょうか。

 

大学生の一人暮らしの家賃は仕送りなしでは払えない?

絶対に大丈夫だよとは言いきれませんが、払えないことはないと思います。

バイトも掛け持ちですれば10万円は毎月稼げます。もちろん、遊ぶ時間はある程度削る覚悟で一人暮らしをした方がいいと思います。

一人暮らし大学生はどれくらいバイトをすればよいか?

家賃が他と比べて高いような地域は、その分バイトの時給も高いと思うので家賃が高いから無理ということはないですね。

理系の方や、教員希望の方は授業が詰め詰めなことが多いと思うので、バイトをする時間をしっかり確保しなければなりませんね。

 

大学生の一人暮らしの家賃はどれくらいがいいの?

築年数が気になるかどうか

最後に、大学生の一人暮らしの場合、家賃はどれくらいが適切なのか。僕は、5万円台の人と3万円台の人で分かれると思います。

築年数が新しい、綺麗なところがいいと言う方は5万円台の築年数が5年以内のところに入居するべきです。

築年数が古く、年季が入ったところでも大丈夫と言う方は、築年数が15年以上のところに入居するべきです。

バイトでどれだけ稼げるか

また、バイトでどれ程稼げるかによっても変わってきます。なかなかバイトの時間を確保できない大学生は、築年数がそこそこ経っている家賃が安いところへ入居した方がいいかもしれません。しかし、家賃は5万円程のところへ入居しても自炊をしたりできるだけの節約をしたりすることであまりバイトできないことをカバーできます。

バイトの時間を確保できるような人は、5万円くらいのところに入居しても毎月10万円程の収入があれば、うまくやりくりしていけばギリギリでも生活していけると思います。

バイトをどれだけできるかによっても大きく変わってきそうですね。仕送りがない場合は、最低でも10万円は稼ぎたいところですね。

一人暮らしは家賃だけではないことも忘れないで!

確かに家賃は生活費の中でも1番大切な部分かもしれませんが他にも食費や、電気代、携帯代など毎月かかってくる費用はたくさんあります。家賃は、決められている額を払わなければいけませんが、食費や電気代、水道光熱費などは節約しようとすればどれだけでも抑えられますよね。

なので、一人暮らしを始めた大学生が目を向けるべきなのは家賃以外のところかもしれませんね。

もちろん、入居する際に家賃を考えることはとても大切ですよ!自分に合った家賃を考える参考になれればなと思います。

一人暮らしにかかる費用を解説!