大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

一人暮らしをする際の冷蔵庫の選び方!ポイント毎に解説!

一人暮らし冷蔵庫

もうすぐ新生活の準備をし始める頃です。

大学生になる方、社会人になる方は一人暮らしを始めようとしている方もたくさんいるんじゃないでしょうか。

一人暮らしをするとなると、家電を集めなければなりません。その中でも迷うのは冷蔵庫の大きさじゃないでしょうか。

80Lの冷蔵庫や、200Lの冷蔵庫など容量がばらばらですよね。今回は、一人暮らしに適した冷蔵庫の大きさについて解説していきます。

 

 

一人暮らしの冷蔵庫選びは自炊するかしないかで決めよう

冷蔵庫を購入する時に考えて欲しいのが、一人暮らしをして自分が自炊をするかしないかです。

 

自炊をしない人の場合

自炊をしない人の場合、一人暮らしであれば冷蔵庫の容量は80L〜120L程で大丈夫です。

容量が100L前後の冷蔵庫であれば、2リットルのペットボトルが3本は入ります。それプラスで惣菜や野菜を入れるスペースは十分にあります。

また、冷凍スペースにもアイスや、冷凍食品を収納するスペースは確保されています。

なので、自炊をしない方であれば冷蔵庫は100L前後のものを選べば間違いないでしょう。

 

自炊をする人の場合

自炊をするとなれば、一人暮らしでも最低、150Lは欲しいです。肉や魚、野菜などを入れるスペース+飲み物や調味料を入れるスペースは確保したいので、150Lは必要です。

買いだめしておきたい方や、ご飯を毎回炊くのがめんどくさいから冷凍したいという方は、180Lくらいのものをおすすめします。

 

冷蔵庫の価格は?

小型(100L前後)の冷蔵庫

小型の冷蔵庫であれば、2万円も出さなくても購入できます。一人暮らしをする際の初期費用を抑えられるのは利点ですね。

・一人暮らしの初期費用を抑える方法についての記事はこちら

小型冷蔵庫は価格はどれもそこまで変わらないので、音が静かなものを選ぶのがいいと思います。

さらに、電気代に優しい省エネのものを選ぶのがいいと思います。

比較的静かで、かつ省エネの小型冷蔵庫になります。

 

中型(150L以上)の冷蔵庫

中型以上の冷蔵庫になると、霜取り機能が付いている冷蔵庫もあります。霜取り機能が付いていない冷蔵庫は、自分で電源を落として霜を取る必要があります。なので、霜取り機能が付いている冷蔵庫は、手間がかからないのでおすすめです。その分、価格も少し割高になってきます。

 

霜取り機能が付いている冷蔵庫

霜取り機能が付いている冷蔵庫だと3万円は出さなければなりません。

3万円を超えてきますが、霜取りの手間もなく楽なのは間違いないので、霜取り機能が付いている冷蔵庫をおすすめします。

 

霜取り機能が付いていない冷蔵庫

霜取り機能が付いていないものになると、付いている冷蔵庫に比べて数千円安くなります。

手間がかかるのは間違いないですが、そこまで気にならない人は霜取り機能が付いていない冷蔵庫でも全然大丈夫だと思います。

 

自炊以外で冷蔵庫を選ぶポイント

  • 置くスペースはあるか

買った後に、置けない!となってはダメですよね。なので、しっかりと置くスペースがあるのか寸法を測ってから購入を検討するようにしてください!

また、ジャストサイズではなくて左右1センチずつ余裕幅も考慮して寸法を測ってくださいね。

 

  • 扉の開く向きに障害物はないか

冷蔵庫には、左開き右開きがあります。置く場所によっては、左開きじゃないと右開きじゃないとって時があると思います。開く向きにも気をつけて冷蔵庫を選んでいきたいですね。

最近では、左右開きたい側に取り付けることができるタイプもあります。

 

  • 機能面

冷蔵室、冷凍室の2つがあるのは必須条件ですね。また、冷蔵庫の上に電子レンジを置くことができると場所を取らなくてスマートですよね。なので、耐熱のものを選ぶのもいいですね。

温度調節ができると、季節や入れてるものによって変えられるので便利ですね。

 

一人暮らしをする際の冷蔵庫の選ぶポイントまとめ

一人暮らしで冷蔵庫を選ぶ時に1番大切にしてほしいポイントは自炊をするかしないかです。それによって、冷蔵庫の容量を決めてください。

またそれに交えて、霜取り機能が付いているかや、冷蔵庫の大きさ、扉の向きなどの要素も考えていってください。

一人暮らしの電子レンジの選び方のポイントはこちらから!