大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

初期費用ってどれくらいかかる?一人暮らしを始めようとしている大学生へ

一人暮らし大学生

もうすぐ新生活シーズンがはじまります。そこで、一人暮らしを始めようとしている大学生は多いんじゃないでしょうか。

今回は、そんな大学生のために一人暮らしを始めるにあたってかかってくる初期費用について詳しく書いていきたいと思います。

 

一人暮らしに必要な初期費用

一人暮らしをするために必要な初期費用にも、必ず発生するような初期費用と、発生しない物件も多い初期費用があります。

分けて見ていきましょう。

必ず発生する初期費用(なしの場合も)

これらは、ほぼ必ず発生する初期費用です。しかし、物件によっては発生しないところもあります。

敷金(敷引き・償却金)

初期費用の代名詞とも言える敷金です。関西圏では保障金と言うらしいですね。敷金は、退去時に補修などに充てられるお金です。ほとんどの場合は返ってくるお金として考えていいと思います。

しかし、敷引きや償却金と書かれていたら要注意です。敷金は基本返ってくる初期費用ですが、敷引きや償却金は退去時に返ってくることはありません。

よくトラブルになるところなので入居前に確認してしておきましょう。

敷金は家賃1ヶ月分であることが多いので初期費用の大部分を占めます。この敷金は最近ではなしのところも見かけますね。

礼金

入居時に大家さんに支払うお礼金のことです。

基本的に家賃の1ヶ月分であることが多いです。

敷金と同様に最近ではなしのところが多いです。敷金よりも、なしのところは多いと思うので初期費用を抑える際はぜひなしのところを選ぶのが良いと思います。

仲介手数料

これは物件を紹介してくれた仲介業者に支払う手数料ですね。なしのところもありますが、ほとんどが支払う場合であると考えておいてください。

家賃の0.5ヶ月分から1ヶ月分と決まっています。消費税の10パーセントは別でかかってくるので気をつけてください。

法律で決まっているので、家賃の1ヶ月分より多く取られる場合は詳しく話を聞いてください。

前払家賃

これは、入居するときに事前にその月の分、月途中の入居なら日割り家賃を支払うものです。

次の月は家賃を支払わなくてよくなるので、初期費用に含まれるものですがそこまで考えなくても良いかもしれません。

鍵交換費用

鍵交換のための初期費用です。前の人が払ってけよ!って思いますが、入居する人が払うんですよね笑

鍵の種類にもよりますが、1.5万円くらいが相場です。

セキュリティのことも考えて、普通の鍵よりディンプルキー、ディンプルキーよりオートロックが望ましいですね。

特に女性の方は、セキュリティに気をつけるようにしてください。

火災保険料

こちらも、基本的に指定された保険会社に入ります。自身に対する保険、隣人に対する保険、大家さんに対する保険など様々ですが何かあってからでは遅いので必ず入ります。

1年で、5000円前後が相場となっています。

必ず契約年数ごとに更新するようにしましょう。

物件によってないところも多い初期費用

これらは、物件によってはないところも多い初期費用です。できるだけないところを探すようにしたいです。

補修費分担金

敷金と同じく、退去時に補修などに充てられるお金です。しかし、敷金と違い返ってくることはありません。

敷引き・償却金に似ていますね。

しかし、補修費分担金は10万円ほど支払わなければならないところもあるので、敷金よりも初期費用を増加させるものになってしまいます。

物件を探す際は、補修費分担金がないところをできるだけ探したいところです。

契約一時金

この契約一時金は礼金と同じような捉え方をするのが一般的です。

礼金に不満の声が上がり、礼金の代わりに契約一時金が登場しました。しかし、礼金とほとんど変わらないということを頭に入れておいてください。一時金と言いますが、返ってくることはありません。

礼金と契約一時金の両方を取る物件もあるので注意してください。初期費用が膨れ上がってしまう可能性も出てきます。

知識が浅い僕たち大学生は気をつけるようにしましょう笑

クリーニング費用

案外このクリーニング費用が思いもよらぬ初期費用だったりします。相場も3万円とか5万円とかばらばらです。

できればないところに入居するか、築年数が新しいところに入居するのがいいですね。

保証料

連帯保証人の代わりに、保証会社に入るものです。家賃を必ず保証してもらうことができるため、連帯保証人ではなく、保証会社を利用することを必須としているところも多いです。

基本的に指定された保証会社を利用することになっています。

相場は家賃の0.5ヶ月分から1ヶ月分です。また、1年毎に1万円ほど支払って更新する必要があります。

 

大学生だからこそ抑えたい初期費用

一人暮らしをするとなったら初期費用がかかってくるのは仕方がないことですが、抑えることはできます。大学生ですからね、お金ないですからね、抑えていきましょう!

一人暮らしの初期費用を抑える方法!できるだけ節約して余裕を持ちませんか?

上記の記事で詳しく書いてますが、初期費用を抑える方法はたくさんあります。

敷金・礼金なしの物件を探したり、家賃が1ヶ月タダになるフリーレントなど抑え方はたくさんあります。削れるところはどんどん削っていきましょう。

 

初期費用の目安は?

よく言われる初期費用は家賃5ヶ月分

敷金・礼金、前払家賃、保証料・保険料、仲介手数料などその他にもかかってくる初期費用全てを合わせると家賃5ヶ月分と言われています。実際そのくらいが相場です。

しかし、一人暮らしをしたい大学生にとっては家電や家具も集めないといけないのに5ヶ月分も払ってられないですよね。

そこで上で説明した初期費用を抑えることを実行していきます。

 

初期費用は家賃3ヶ月分くらいまで抑えられる

例えば、敷金・礼金なしの物件に入居すればその時点で2ヶ月分抑えられますよね。

仕送りなしで大学生が一人暮らしをするには、初期費用をぐっと抑えて少しでも負担をなくしていけるようにしていきましょう。

目標は家賃3ヶ月分ですね!

 

初期費用はあくまで「初期」費用

初期費用はどれだけ抑えられても最初にかかるお金なので、入居後は別に生活費がかかってきます。なので、初期費用を抑えてあまり稼げない月などのためにお金を貯めておきたいですね。

大学生の一人暮らしにかかる生活費を細かく解説していきます!の記事へ

良い一人暮らしライフ、大学生ライフを送るためにもしっかり計画的に初期費用について考えていってはどうでしょうか!