大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

<仕送りなし>大学生は仕送りなしで一人暮らしをすることができるのか?

仕送りなし

一人暮らしがしたあああいい!!!!!

でも仕送りはなあああい!!!

そんな方いませんか?

僕も同じです。実家から通えないわけでもないので、一人暮らしするなら実費で出さなければいけません。

そこで今回は仕送りなしでも大学生は一人暮らしをすることができるのかについて考えていきたいと思います。

 

 

仕送りなしで大学生は一人暮らしが可能か?

大学生が一人暮らしをする際に貰う、平均仕送り額が7万円程度となっています。

それにアルバイト代を足したら、13〜14万円くらいになりそうですね。

しかし、我慢することのない生活を送るのに必要なお金がそのくらいであって節約をしていれば生活費は10万円程度に抑えられるんじゃないかなってのが僕の考えです。

 

一人暮らしには欠かせない初期費用

一人暮らしを始めようとしてもタダでは始められませんよね。敷金・礼金、仲介手数料、保証料などなど…いっぱいありますよね。

初期費用がどれくらいするのかについては下記の記事から。

「初期費用ってどれくらいかかる?一人暮らしを始めようとしている大学生へ」

一人暮らしに必要な初期費用は家賃の5カ月分が目安と言われています。家賃5万円のところに住むとしたら初期費用だけで25万円も消えます。しかし、そんなに払えないですよね。

敷金・礼金なしの物件を探せばそれだけで2ヶ月分抑えられます。初期費用の抑え方について詳しくは下記の記事から。

「一人暮らしの初期費用を抑える方法!できるだけ節約して余裕を持ちませんか?」

初期費用を抑えることで、その分生活費に回すことができますよね。

仕送りなしで一人暮らしをするには、とても大切なことだと思います。後々、効いてくると思うのでぜひ参考に。

 

仕送りなしで生活費は払い続けられるか?

一人暮らしを継続させていくには、お金が必要です。このいわゆる生活費というものが仕送りなしの大学生にとって払い続けることができるのかってのが問題なんですよね。

初期費用はどうにかなっても、生活費は一人暮らしを続けている間永遠と払い続けなければなりません。しかも、仕送りなしです。

一人暮らしの大学生の1ヶ月にかかる生活費は、最低でも10万円は必要になってくると思います。「最低でも」です。

生活費の大まかな内訳としては、

  • 家賃(管理費共益費):5.5万円
  • 水道光熱費:1万円
  • 電気代:0.3万円
  • 食費(自炊する場合)1.5万円
  • 携帯代:0.7万円

必要最低限な生活費でも9万円です。

これに交際費など合わせていけば10万円は軽く超えてしまいます。厳しそうっすね笑

一人暮らし大学生の生活費についての記事は下記の記事から。

「大学生の一人暮らしにかかる生活費を細かく解説していきます!」

毎月、大学に通いながら10万円は稼がなければいけないとなると少し大変そうな気もしてきましたね…?

でも、なんとかなりますよ!きっと!笑

 

仕送りなしで生活するためのバイト

仕送りなしで10万円以上を稼ぐには、掛け持ちバイトをおすすめします。

掛け持ちじゃなくても稼ぐのは可能だと思いますが、掛け持ちの方が稼ぎやすいので掛け持ちバイトをおすすめします。

「大学生のバイトは掛け持ちするべき?メリット・デメリットを解説」の記事へ

大学生にもなればどこでも働けるので相性がいいバイトはいくらでも探せますよ!

僕も一人暮らしの費用を貯めるために掛け持ちでバイトしてますが、毎月13万円は稼げてます。しんどいっすけどね笑

周りの環境とシフトの入りやすさの2つが大事かなって思います。

一人暮らし大学生なら、とりあえず飲食店のバイト先を探しましょう。無料の賄い付きのところで探しましょう。食費を節約できますからね。

 

仕送りなしで大学と両立させて一人暮らしをできるか?

仕送りなしで、一人暮らしをしていくにはバイトは欠かせません。しかし、1番大切なのは大学に通うことです。

履修の組み方がとても重要になってきますね。僕の場合、週に4日は休みつくれると思うので

バイトし放題なので月10万円を稼ぐのは簡単にできる気がするのですが…

履修を組むのを失敗すると、生活に関わってくるなんてなんかギリギリを生きてる感じがして楽しいですね笑

大学生の本職はなんといっても、勉強ですからね!勉強をおろそかにしてまで、バイトに没頭してしまうくらいなら一人暮らしをしない方がいいですからね…。

履修の組み方としては、

  • 1日に授業を詰めまくって全休(授業がない日)をつくる
  • 夕方までにして夜はバイトをする
  • 空きコマ(授業がない時間)を多くとってその時間でバイトをする

などなど、色々あります。

自分に合った履修の組み方を探していってください。

 

仕送りなしでも大学生は一人暮らしできる!

僕は、仕送りなしで大学生は一人暮らしできると思っています!

履修をうまく組み、バイトで毎月10万円は最低でも稼ぎ、時間もつくって自炊や掃除などサボらずにやるようにするくらいの意識があればできると思います。それだけでなく、初期費用やもしもの時のためにお金を貯金しておく必要があると思うので40万円〜50万円は最初に溜めておく必要もあります。

一人暮らしを始めるのでさえ、厳しいですし始めた後はもっと厳しい世界だと思います。

しかし、悪いことだけではありません!自立もできますし、友達だって呼ぶこともできます。親に何か言われることもありません。全て自由です。全て自分の責任ですが笑

お金を最初にたくさんためて、仕送りなしで生活し続けていくためにバイトもたくさんしないといけませんが、決して仕送りなしで大学生が一人暮らしできないわけではないということだけ今回は伝えられたらなと思います。

仕送りなしだけど一人暮らしを始めようとしている方!僕も同じ状況なのでお互い頑張っていきましょう!!