大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

一人暮らしの節約術を詳しく解説。1円でも余裕のある生活を目標に!

一人暮らし節約
一人暮らしをしてるけど思った以上にお金を使ってしまう。節約ができていないという人はたくさんいますよね。

今回は、少しでも節約の参考になればなと思い記事を書きました!

 

 

一人暮らしの節約目標は「1円でも余裕のある生活」

こんくらいいいやって思ってたら節約ができません。

1円でも節約をと思って節約をしないとなかなか節約はできないと思います。

一人暮らしなら、尚更自分の意識次第で節約できるかできないかが変わってくるので意識高くして生活していきたいですね!

 

一人暮らしでできる節約「水道編」

歯磨き時の水

歯磨きしてるときに水出しっぱなしにしてないですか?

ほとんどの方は大丈夫だと思いますが、水を出しっぱなしにしてる人はそれの積み重ねでどんどんお金を無駄にしていますよ!

毎回1円だとしても、歯磨きする度に1円ずつ捨ててることになります。

一人暮らしで誰も注意しないからと言って、水の出しっぱなしはだめですよ!節約するために水のだしっぱは厳禁です。

 

お皿を水につけておく

食べ終わったり、調理し終わったりした後に、お皿やフライパン、鍋などをそのままシンクにポイってしてませんか?

時間がたった後に洗おうとすると中々汚れが落ちずに、洗剤を余分に使ったり水を余分に使ったりしちゃいますよね。

そこで、使い終わったお皿やフライパンはシンクに置いたら水につけとくようにしましょう。

頑固そうな油汚れなどがあれば洗剤を入れてもいいと思います。

そうしたら、無駄に洗剤や水を使うこともなく節約につなげることができます。

洗うのも楽になりますしね!一人暮らしだと洗うのは自分しかいないのでできるだけ楽な方がいいですよね。

 

洗濯はできるだけまとめて

服がなくて、小まめに洗わないといけない!どうしても小まめに洗いたい!など色々あるとは思いますが、できるだけ洗濯はまとめてしたほうが水道代が浮きます。どうしても小まめに洗濯する必要がない限りはできるだけ、まとめて洗濯して節約することをおすすめします!

一人暮らしに勧める洗濯機。まとめて洗う派?こまめに洗う派?

 

一人暮らしでできる節約「電気編」

コンセントは使わないものは抜いておく

コンセントは抜いておいた方が良いとよく聞きますよね。

それは、コンセントを挿している間にも待機電力が発生するためです。なので、その無駄をなくすために、コンセントをこまめに抜いておくと良いとされています。

しかし、起動電力というものもありこの起動電力は大きな電気を使うので一概にコンセントを抜いておけば良いということではありません。

よく使う、常に使っているような家電は挿したままでも問題ないです。

たまにしか使わないような家電のコンセントは抜いておくようにしましょう。

コンセントを抜くのは火事の防止にもつながるのでいいですね!

節約と火事の防止で一石二鳥です。

 

掃除機の前に掃き掃除

掃除機を使う前にある程度大きなゴミを掃き掃除や乾拭きなどでとっておくことで、掃除機を使う時間を減らすことができます。

また、無駄に詰め替えパックの中にほこりを入れずに済むので日用品の節約にも繋がりますね!

 

トイレの蓋は閉めておく

トイレの蓋を開けっぱなしにしておくと、便座を温めている場合電気を余分に使ってしまいます。

開けておくのと閉めておくのでは、便座の冷え方が違うのでできるだけ閉めておいて冷えるのを防ぐ必要があります。

細かいところですが、毎回蓋を閉めることを意識しましょう!蓋を閉めるだけで節約に繋がると思えばなんかできそうですよね。

一人暮らしなので、自分さえ意識していれば解決できるので意識高く生活しましょう!

 

エアコンをこまめに切らない

エアコンの使い方は難しいですが、勿体無いからと言ってこまめに切りすぎても逆に電気を消費することになります。

エアコンで1番電気を使うのは最初の部屋を涼しくしたり温めたりするときなので、数十分の外出なら切らずにそのままにした方がいいかもしれません。

しかし、数時間の外出となるとやはり切った方がいいので、長い外出の際はエアコンを切るのを忘れないようにしましょう!

また、室温設定は冷房は28度、暖房は20度と推奨温度にすることで電力の節約にもなりますしECOにもつながるのでぜひ推奨温度で設定することを心がけましょう。

 

一人暮らしでできる節約「食費編」

できればとにかく自炊を

みなさんご存知の通り、自炊をしないよりは自炊をした方が確実に食費は減らせます。自炊をしている人よりも平均的に3分の1程度は食費を節約することができます。

節約上手の人は自炊する人の食費の半分以下で抑えられるかもしれませんね!

一人暮らしで自炊はめんどくさいかもしれませんができるだけ自炊をして節約をしていきましょう。

一人暮らしで自炊をどうしてもしたくない!でも節約をしたいと言う方へ。

一人暮らしの食費は?自炊をするのとしないのではどんくらい違う?

 

自炊しないときはスーパーの冷食、弁当

自炊をしないと食費がかかると思われがちですが、スーパーを舐めてはいけません。もちろん自炊できるならしたほうがいいですが、どうしてもという時はスーパーで済ませてしまってもいいと思います。

お弁当は、結構なボリュームで300円程度で売っていますし、冷食のパスタなんかは1食分で150円程度で売っています。

毎日そんな食生活を送っていたら体に悪いですが、たまにくらいなら手を抜くのも節約疲れしないためにもいいと思います。

 

コンビニに行かない

楽だから、近くにあるから、ジャンキーなものが多くて美味しいから、もちろんその気持ちもわかります。

しかし、コンビニで色々済ませようとするとスーパーやドラッグストアで買い物をするよりもかなり高ついてしまいます。全体的にスーパーなどと比べると1.3倍〜1.5倍くらいの価格設定になっています。どんだけ便利とはいえど、コンビニにはできるだけ寄らないようにしてください。

寄ったとしても満腹な状態で行くなどして大量に買ってしまうのを防ぐようにしてください。

節約というよりは、無駄使いを減らすポイントですね!

 

余ったものは冷凍

もし、自炊をしていて肉やご飯などが余った場合は冷凍しておくとある程度持つので積極的に、冷凍するようにしてください。

無駄に捨てるということが減り結果、節約につながっていくので少し手間かもしれませんが、どんどん買い物して捨ててを繰り返すよりは確実に無駄を減らせます。

一人暮らしで作りすぎてしまうのはあるあるだと思いますか、冷凍するなり保存方法をしっかりすることで節約することができるので各食材の保存方法を頭に入れておきたいですね!

 

学生は賄い付きのバイトをする

学生であれば、一人暮らしをしたら賄い付きのアルバイトをすることを強くおすすめします!

バイトに入る毎に1番食費がかかるであろう夜ご飯を節約することができます。また、運が良ければ余り物を貰えるところもあるので、とにかく一人暮らしを始めた学生の方は賄い付きのアルバイトを探してみてください!

 

一人暮らしの節約「生活日用品編」

使い過ぎをなくす

何事も使い過ぎをなくすことから始めましょう。

例えば、体を洗う時ボディーソープを使いすぎていませんか。泡立てネットを使うなりして極力使いすぎないようにしたいですね。

また、スーパーで貰ったビニール袋をゴミ袋代わりに使うなど使い回しも大切です!

一人暮らしの節約術!あの丸いやつでプッシュ回数を減らす!

 

エコバッグを使う

2020年の7月からビニール袋の有料化が義務付けられます。既に、有料化になっているところも多いですがこれからさらに広がっていくのでエコバッグを持参するようにしたいですね。

毎回ビニール袋を買っていては勿体ないので!

合わせて読みたい!

エコバッグの時代到来!ビニール袋は有料化へ。

 

まとめ

今回あげた節約はほんの一例です。

一人暮らしの節約となれば、意識するのは自分しかいません!できるだけ1円でも節約したいという気持ちが色々なアイデアを生みます。

節約が楽しくなれるくらいまでになれたらいいですね笑

  • 歯磨き時の水を出しっぱなしにしない
  • お皿を水につけておく
  • 洗濯はできるだけまとめて
  • コンセントは使わないものは極力抜く
  • 掃除機をかける前にある程度掃除する
  • トイレの蓋を開けっぱなしにしない
  • エアコンをこまめに切りすぎない
  • できれば自炊を
  • 自炊しない時はスーパーで
  • コンビニに行かない
  • 余ったものは冷凍
  • バイトは賄い付きのところで
  • 消耗品の使い過ぎをやめる
  • エコバッグをつける

合わせて読みたい!

一人暮らし大学生の節約!「水筒生活」のススメ。

一人暮らしの費用を細かく解説します。一人暮らしの参考にしてください。

金欠のための節約術「買い物編」1円でも安くがコツ