大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

一人暮らしにロフト付き物件はありか?メリットとデメリット

一人暮らしロフト付き
一人暮らしを始めようとしている方で、ロフト付き物件にするかどうか迷っている人はたくさんいると思います。

今回は、そのロフト付き物件のメリット・デメリットを解説していきます。

ぜひ参考になればなと思います!

 

ロフト付き物件とは?

ロフト付き物件とは、部屋の床から屋根までの高さを高くすることで、できる空間に小さな部屋みたいなものがある物件です。最近では、よく見かける物件です。

家賃としても、ロフト付きとロフトなしではそこまで大差はないので自分の好みでロフト付き物件にしていいと思います。

しかし、ロフト付き物件がどうしてもいいとなると物件が限られてくるので学校から、職場から離れた物件になってしまう可能性もでてきます。

合わせて読みたい!

一人暮らし大学生の家賃はいくらが正解?僕の独断と偏見で決めます。

大学生の一人暮らしはワンルームと1Kどちらがいいのか?

 

ロフト付き物件のメリット

広く感じる

1Kであれば、通常1部屋ですがロフトがあることで小さな部屋がもう1つあるように感じられます。

そして、天井までの高さも自然と高くなるので部屋が広く感じられます。

息苦しさを感じないので、できるだけ伸び伸びと生活したい人にはロフト付き物件はいいですね!

一人暮らしだと広くて逆に寂しく感じる人もいるかもしれませんが笑

寝床、物置にできる

ロフトを寝床や物置にすることで、部屋がスッキリし、一人暮らしだとどうしても困る部屋が狭くてスペースがない問題を解決できます。

寝床や物置ならロフトの小さな空間でも十分な広さなので有効活用できますね。

 

コーディネートの幅が広がること

お部屋をおしゃれにコーディネートしたい!と言うかたにもロフト付き物件はおすすめです。

ロフトまでの階段をおしゃれにしたり、部屋とロフトの雰囲気をそれぞれ変えることで1つの部屋に2つの空間を生み出したりとコーディネートの幅が広がります。

一人暮らしなら、自分好みに自由にコーディネートできるのでロフト付き物件に入居して楽しむのもありですね!

 

冬には寝床としても

エアコンの暖かい空気は上にいくので、冬は寝床としては大活躍します。

一人くらいであれば、ロフトでも十分寝ることができるので一人暮らしにはもってこいですね。

どうしても、部屋が寒い時でもロフトに逃げ込めば暖かい空気がたまっているので冬の寝床にロフトを使ってみたいですね!

 

ロフト付き物件のデメリット

掃除の手間が増える

部屋+ロフトなので、ロフトなしの物件と比べたら掃除の手間は増えます。

また、ロフトと天井までの高さは低いので掃除がしづらいです。

掃除機をかけようとしたら、コードレスのものでないと大変そうですね。

 

電気代がかかる

ロフト付き物件はどうしても、天井までの高さが高くなってしまい自然と部屋が広くなってしまいます。なので、エアコンなどの空調機を使うと全体的に空気が行き渡るまでに時間がかかってしまいます。

よって、電気代がかかってしまいます。

電気代が1番かかるのは、部屋が涼しくなるまで、または暖めるまでなので、部屋が広いとその分どうしても電気代がかかってしまいます。

 

夏は長時間居座れない

メリットでもあげたように、暖かい空気は上にいきます。なので、冬は暖かい空気が上にたまれば寝る時にもってこいなのですが、夏は逆です。

ロフトで寝ていたら朝起きたら汗でべっしょりになってしまう可能性が出てきます笑

夏は物置に、冬は寝床にと使うようにしたらストレスなく使えそうですね!

 

ロフト付き物件を視野に入れよう!

  • 広く感じ、寝床や物置としてスペースを有効活用できる
  • コーディネートの幅が広がる
  • ロフトで寝る時は冬は暖かく、夏は暑い
  • 掃除の手間が増える
  • 電気代がかかる

ロフト付き物件のポイントまとめです!

ないよりはあるほうがいいんじゃない?と思う方もいると思いますがロフト付き物件にいざ住んでみたら案外必要なかったと言う声もよく聞くのでしっかり考えてから入居するようにしていきたいですね!

合わせて読みたい!

一人暮らしをする際の部屋選びのポイントは?何が大切?

一人暮らしをしたいけどゼロゼロ物件って大丈夫なの?