大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

一人暮らしをする際の部屋選びのポイントは?何が大切?

一人暮らし部屋選び

今回は一人暮らしの部屋選びのポイントについてです。

部屋を決めたらそんな簡単には退去できないですよね。だから、部屋選びは大切になってきます。ぜひ、一人暮らしの部屋選びの参考になればなと思います。

一人暮らしはどんな部屋でもいい?

一人暮らしをする際に家賃だけで決める!なんて人はほとんどいませんよね。

部屋をちゃんと見に行ったり、事前に調べたらしますよね。

どんな部屋でもいいなんて人そうそういないでしょう。ある程度人によって自分のツボがあってそれに合った部屋を探そうとするはずです。

 

一人暮らしの部屋選びのポイント

実際に、詳しく一人暮らしの部屋選びのポイントを見ていきましょう。

自分に合ったポイントを見つけられたらいいですね!

 

バストイレが別

個人的に僕が一人暮らしをするとなれば、1番大切にしたいポイントです。バストイレが別じゃなかったらたぶん無理です。

お風呂とトイレが同じとこにあるんですよ!?

しんどくないですか?笑

体洗うところに、トイレ…んー。無理です。

このポイントに関しては多く共感してくれる人がいると思います!

しかし、バストイレが別じゃないようなところの家賃は安いですからね。大学生は少し悩むポイントなのかもしれません。

 

部屋の方角

部屋の向きも大切なポイントですね。

日当たりの良さで、洗濯物の乾き具合や、部屋の明るさなどが変わりますからね。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

☑️南向き

日当たりが良くて、洗濯物が乾きやすく、部屋も明るくなります。

☑️北向き

あまり日当たりが良くないため、洗濯物は乾きづらく、部屋も多少日が差し込む程度です。

☑️東向き

日当たりが比較的良く、洗濯物を干すのにも困りません。朝に日が差し込むので、朝弱い方にはいいかもしれないですね。

☑️西向き

日当たりが比較的良く、洗濯物を干すのにも困りません。東向きとは反対に夕方に日が差し込むので、夕方に洗濯物を乾かす人にはいいかもしれません。

 

以上が、それぞれの部屋の向きのポイントです。特徴を見たら分かると思いますが、南向きと東向きがやはり人気ですね。

僕は、朝日に当たりたいタイプの人なので、一人暮らしをするとなれば東向きの部屋がいいです。

 

部屋の階数

基本的に一人暮らしとなればアパートですよね。アパートはほとんどあっても階数は3階までとなってます。

それぞれの特徴を見ていきましょう!

☑️1階

階段の上り下りがないため、大荷物でも楽ですね。しかし、防犯的に不安があります。

さらに、上の階の人によっては上からの物音も気になります。

☑️2階

階段の上り下りがあるため、少し大変と思う人もいるかもしれません。防犯的にも上の階なので比較的安全です。

2階までのアパートなら上の階からの物音もなくいいですね。

しかし、1階に比べて家賃が高くなっている場合がよくあります。

☑️3階

階段しかなかったら、上り下りは結構しんどいですね。防犯的には安全です。

上の階にも人がいないため物音も気になりません。

しかし、家電を運ぶ際に3階以上の部屋は余分にお金が取られる場合がほとんどなので最初は少しお金がかさむかもしれません。

 

各階それぞれ特徴がありますが、僕のお勧めはそのアパートの最上階の部屋にすることです。

物音はやはり少ない方がいいですしね。女性の方は特に防犯のこともあるので、上の階にすることをお勧めします。

 

駅からの距離

歩くのが苦ではないという人はそこまで気にならないポイントですが、できるだけ歩きたくないという人は駅まで徒歩10分以内のところに住むのがいいと思います。

さらに言えば、5分以内ですね。

しかし、近すぎると夜遅くまでうるさいですし治安が悪いところであれば騒ぎ立てる人もいるでしょう。

電車の音も日中気になるので、駅や線路に近すぎるところは避けた方がいいかもしれませんね。

 

部屋の間取り

これも大切なポイントですね。1Kかワンルームかとかありますよね。

合わせて読みたい!

ワンルームと1Kの比較について

更に言えば、ロフトがあるかとかありますね。

ロフトはメリットもあればデメリットもあります。

ロフトがあると、寝床にできたり物が置けたりできますね。

しかし、ロフトがあると部屋が広くなってエアコンが効くまでに時間がかかってしまって電気代が増えたり、掃除をする手間が増えたりとデメリットもあります。

しっかり間取りのことも考えなければいけませんね。

一人暮らしだと、ロフトがあると広く感じで寂しく感じないかなとか思っちゃいますけど実際はあった方がなんかよく見えますよね笑

部屋のカスタマイズの幅が広がりそうですよね!

 

築年数

これもバストイレ並みに大切にしたいポイントですね。

築年数が古いとその分入居したい人も減るので自然と家賃も下がるのですが、あまり古いところには住みたくないですよね。

築年数が新しいとバストイレ別の部屋がほとんどですし、ロフトがある部屋も多いですね。

5年以内で部屋探しするのが主流だと思います。僕も基本的に築年数が比較的新しい部屋をおすすめします。

なんなら未入居とか新築の部屋がいいですね笑

 

人それぞれ大切なポイントは違う

僕の場合は、バストイレが別か築年数が新しいかを重点なポイントに置いて部屋選びをします。

駅からのアクセスや間取りを大切にする人もいると思います。

人それぞれ部屋選びのポイントは違いますね。

自分のこれが大切だなってポイントが見つかればいいと思います。

 

一人暮らしだから住みたいところに住む

どんな部屋がいいかなとかを人に聞いたりしても結局住むのは、一人暮らしをする自分です。なので、一人暮らしをする際は自分が1番良いと思う部屋を選べばいいと思います。

友達のこととか、彼氏彼女のことの前に自分のことが大切ですよ!一人暮らしで毎日その部屋にいるのは自分ですからね笑

住みたいところに住みましょう!

 

一人暮らしの部屋選びのポイントまとめ

  • バストイレが別
  • 部屋の方角
  • 部屋の回数
  • 駅からの距離
  • 部屋の間取り
  • 築年数

今回紹介したのは、この6点です!

他にも色々なポイントはあると思いますが、一人暮らしの部屋選びの参考になれればなと思います。

合わせて読みたい!

一人暮らしの費用についての記事はこちら

仕送りなしで大学生が一人暮らしをすることができるのか?