大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

大学生はバイトをした方がいい?バイトをするべき3つの理由

大学生でバイトをしている人、していない人それぞれ多くいると思います。大学生はバイトをした方が良いのでしょうか?僕は必ずしもバイトをしないといけないとは思いません。しかし、バイトをすることで身につくこともあります。

今回はそれらについて僕の意見を述べていきます。

 

大学生はみんなバイトをしている?

多くの人はバイトをしている大学生の割合は9割くらいだと思っていると思います。僕も実際そう思ってました。

しかし、調べてみるとアンケートを取っている会社によって割合は違うのですが、大体6割〜7割くらいの人しかバイトをしていないことが分かりました。

逆に言えば大学生が10人いれば3.4人はバイトをしていないということです。

バイトができない理由は、単純に働きたくないめんどくさいという人や研究や課題など勉強する時間に充てていてそもそもバイトする時間がないという人もいると思います。

しかし、アンケートの取り方は詳しく分かりませんが、大学生活の中で一度でもバイトをしたことがある人だったらもっといるような気もするんですけどね…笑

 

大学生がバイトをするべき3つの理由

僕が思う大学生がバイトをするべき理由を紹介していきます。あくまで、僕の偏見にまみれた意見です笑

 

経験をするため

色々な職を経験する

バイトだとできることは限られてますが、コンビニや飲食店などの接客業はいずれ人を相手にする仕事に就いたら役に立ってきます。

品出しや納品の業務をしていたら、効率良く無駄なくするにはどうしたらいいかを自分で考えられるようになります。

バイトで色々な職、業務をこなしていくうちに少なからずいつか役に立つ時が必ずきます。

 

お金を稼ぐ経験をする

自分で働いてお金を稼ぐことは社会を知るためにも必要なことです。汗を流しながら辛いことも経験して得ることのできるお金を手にしたときは感動します。

今まで親がどれだけの思いで自分を育ててきてくれたかが分かります。感謝するためにもバイトでお金を稼ぐことは大切ですね。初給料で何かプレゼントでもしたら喜ばれること間違いなしですよ!

 

試行錯誤する経験をする

バイトを通して試行錯誤することを学んでください。どうしたらお客様を喜ばせることができるのか、どうしたらクレームがないよう対応することができるのかなど人を相手にした試行錯誤は大切です。

どうしたら時間通りに余裕を持って作業を終わらせることができるのかなど作業効率について試行錯誤することも大切です。

 

社会の理不尽を学ぶため

とにかく社会に出たら理不尽です。今まで学校で経験してきたような理不尽とは比べものになりません。相手が100悪いだろって思ってもお客様側を責めるわけにはいきません。とことん理不尽を学んでください。そして、その理不尽で溜まったストレスをどう発散するのが良いか学んでください。

理不尽ができるだけ起きないように自分は何をすれば良いかを考えて行動に移してみてください。

これらの経験は必ず社会に出た後に社会に適当する能力が上がるはずです。

 

自分から動く力を身につけるため

自分から動くことの大切さを学んでください。バイトとはいえ労働力を渡してお金をもらっています。適当ではなく、お店のために会社のために自分から動いてお店に利益をもたらしてください。

バイトはいくら頑張っても貰えるお金は対して変わりません。しかし、それが社会に出て社会人になると必ず返ってきます。

周りがやってくれるだろうと思って何もしない人と、周りを見て必要だと思ったら自分から動く人では後者の方が良いですよね。

社会はそうゆう人を欲しています。自分で考えて自分から動くことが大切なのはあなたも分かるはずです。バイトを通して体に染みつけていきたいですね!

 

バイトが就活に役立つことは?

よく就活の面接で「大学生時代に頑張ったことは?」聞かれます。そこでその質問にバイトと答える人が多くいると思います。それは間違いではありませんしだめなことでもありません。僕も実際言うと思います。しかし、バイトをしてことが加点になるとは思いません。バイトは大学生のほとんどがしてます。じゃあバイトをしてない人と比べたらしてる方がいいんじゃないの?と思うかもしれません。確かにめんどくさいからと言ってバイトも勉強も疎かにしてるような人よりかは好印象は持たれるでしょう。しかしバイトをしていないからと言って何もしていないわけではありません。勉強面でそれ以外のところで結果を出して頑張っているかもしれません。面接官からしたらバイトをしている大学生よりも、バイトはしてなかったけど違うところで結果を出したような人の方が欲しがるんじゃないでしょうか。

だからといって、バイトが就活で役に立たないわけではありません。珍しいバイトをしていれば興味を持たれて話が進むかもしれませんし、バイトで身につけた人との対話を活かして面接に挑めるかもしれません。間接的にバイトは就活に役立ってくるものだと僕は考えてます。

 

最後に

  • 大学生の6割〜7割がバイトをしている
  • 色々な経験をするためにする
  • 社会を知るためにする
  • 自分から動く力を身につけるためにする
  • 就活で間接的に役立つ

バイトをしている、していないで大学生の質が測れるとは僕は思いません。バイトを頑張っている人はもちろん就活や社会に出てから頑張れると思います。また、バイトをせずに他のことに時間を充てていた人も自分が一生懸命になれていたなら必ずそれも自分の価値になります。

少なくともバイトをしないよりはした方が良いとは思いますが、周りがやってるからと無理にバイトを始める必要はないと思います。