大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

文系大学生の履修の組み方!何も考えずに入れるのはやめよう。

大学生履修
これから大学生になるという方へ!

今回は最初に苦戦するであろう履修の組み方について書いていきたいと思います!

履修をする際のポイントを僕なりに紹介します。ぜひ参考にしてください!

 

 

履修の組み方で半年間の生活が変わる

履修をどう組むかで半年間の生活が変わってきます。いつバイトをするか、いつ遊ぶか、学校が辛くなるかなど、8割は履修の組み方で決まります。

僕は1年生の頃の最初の履修なんて、1限スタートばっかで5限終わりで空きコマが2つ続くみたいな履修でした。

まあ、毎日バラバラな生活送ってました笑

履修の組み方は、楽しい大学生活を送るためにもかなり重要と言えます!

 

文系の履修の組み方は割と自由

理系の方は、必修科目が多く最初からほとんど決まっていて空いたところにちょこちょこ入れるみたいな感じがほとんどだと思います。しかし、文系の履修は必修科目が理系の方と比べると少なく割と自由に決められると思います。

1.2年生の頃は、必修科目もややありますがそれでも半分は自分で履修を組むことができるのがほとんどだと思います。

自分で自由に履修を組めるならできるだけ楽に組みたいですよね!

個人的に大切だなって思うポイントを解説していきます!

 

全休を作れたら作る

全休とは、1個も授業をとらずに土日のような日のことです。高校まででは、ありえないことですよね。しかし、それができてしまうのが大学生です。

全休をつくる必須条件としては、必修科目が入っていない曜日があることです。

必修科目がない曜日があれば、その日に他の授業を何も入れなければ全休の日ができます。

僕は2年生の時点で、全休の日が2日間あったので1週間の間で学校に行く日よりも行かない日のほうが多かったです笑

メリットとしては、平日に休みを作ることで遊びに行くときに混んでないということや、バイトが1日中できるなどがあります。

デメリットとしては、他の日にその分授業を詰めないといけないことです。それでも全休をつくる価値は十分にあると思います!

合わせて読みたい!

大学生のバイトは掛け持ちするべき?メリット・デメリットを解説

一人暮らし大学生はどれくらいバイトをすればいいのか?

 

必修科目を基準に履修を組む

履修をどうやって組めばいいかわからないという方は、とりあえず必修科目を基準に組んでみてください。

必修科目の前後に授業を取ったり、その日に詰め込んだりと必修科目を基準にして取ると分かりやすいですよ。

 

空きコマは1日1つ!

授業と授業の間のコマのことを空きコマって言います。

空きコマは1つあるとレポートを書く時間にあてれたり、学校で済ませたい用事などを済ませることができたり何かと便利ですが1日に2つ空きコマがあると帰る時間も遅くなるし何もやる時がない日は本当に暇になるだけなので、1つまでがいいかなって思います!

僕は1週間の間で1つくらいがなんだかんだちょうどいいと思ってます。

目指せ単位取得~レポートを楽しく上手に早く書く方法~

 

時間割だけを意識しない

もちろん時間割を意識するのは大切ですが、それだけを意識していて単位取得が難しいような授業ばかり取っていては単位をぽんぽん落としてしまう原因になってしまいます。

なので、時間割も意識しながら授業が自分に合っているか、難しすぎないかなども考えながら履修を組むようにしてください。

先輩に聞くようにしたり、ネットで「大学名 楽単」と調べると情報もそれなりにでてくると思うので参考にしてください。

 

朝型か昼型か

1限から3.4限に授業を詰めるタイプの人3限から5.6限までに授業を詰める2パターンが主流だと思います。

全休をたくさんつくりたいときは1限から5限まで詰めたりもしますが、基本は朝型か昼型になります。

それぞれ特徴を見ていきましょう。

 

朝型で組んだ方がいい人

1限から詰めるタイプの人は朝に強くて、学校をできるだけ早く帰りたい人におすすめします。

4限までしか授業がなければ、遅くても4時半くらいには学校を出られると思います。

バイトも夕方からできるのでいいですね。

しかし、朝からだと電車通学の方は満員電車に乗らなければなりません。

始発からだと座れる可能性もありますが、基本的には立つしかないと思うので厳しいですね。

帰りは比較的空いてる時間帯だと思うので大丈夫そうですね。

 

昼型で組んだ方がいい人

とにかく朝が起きれない方は2限、3限以降で履修を組んだほうがいいと思います。

いずれ早起きは必要になるので練習のためとして1限から履修するのもありですが…

満員電車が嫌な方も避けた方がいいですね。

また、居酒屋でバイトをしている方は夜からのバイトになると思うので3限から5限まで授業に出て、そっからバイトなんてのもありですね。

電車通学の方も、行きは混んでないのでストレスにもなりません。

 

自分に合った履修を組む!

どうでしょうか。

少しでも履修を組む際の参考になりましたか?

最初にも言ったように履修の組み方次第で大学生生活が大きく変わってきます。

しかも1回の履修で半年も関わってくるのでできるだえ失敗はしたくないですよね。

少しでも参考にして自分に合った履修を組むようにしてください!

最後にポイントを抑えときます。

  • 全休をできればつくる
  • 必修科目を基準に履修を組む
  • 空きコマをつくりすぎない
  • 時間割だけに捉われない
  • 朝型か昼型かを決める

この5点を意識するようにするだけでもだいぶんましな履修を組むことができると思います!

ぜひ楽しい大学生活を!