大学生〜節約術&一人暮らし〜

大学生の一人暮らしに関する情報を主に発信しています!これから一人暮らしを始めたい大学生の方にぜひ参考になれたらなと思います!

一人暮らしをしたいけどゼロゼロ物件って大丈夫なの?

ゼロゼロ物件

「ゼロゼロ物件」って聞いたことありますか?敷金礼金なしの物件のことを「ゼロゼロ物件」と言います。

初期費用を大きく抑えることができ、一人暮らしを始めようとしている方には魅力的だと思います。

しかし、敷金礼金なしの物件って大丈夫なのかなって思う方もいますよね。

今回は、そんなゼロゼロ物件がなぜできたかや、ゼロゼロ物件の魅力、注意点について解説していきます。

 

敷金ってなに?

敷金は、退去時に修繕費として支払われるお金のことです。

敷金には退去時に戻ってくる場合と戻ってこない場合があります。

戻ってくる場合は、部屋を綺麗に使っていて修繕する必要があまりなく修繕費にあてられなかった場合に戻ってきます。部屋を綺麗に使いたいですね。

戻ってこない場合のパターンは2つあります。修繕費にあてられた場合と、そもそも戻ってくることのない敷金の場合です。

戻ってくることのない敷金って何?基本戻ってくるんじゃないの?って感じですよね。

敷金に、敷引や償却金と書かれてあったら部屋をどんだけ綺麗に使おうが、修繕する必要がなかろうが、お金が戻ってくることはありません。

よくトラブルの原因になるので覚えておいてください。戻ってきた方がそりゃ嬉しいですからね笑

 

礼金ってなに?

字のままで、お礼金ですね。大家さんに入居時に支払うお金です。

敷金と違い、戻ってくることはありません。

最近では、礼金がないところも増えてきました。昔は礼金があるのが当たり前の考えでしたが、時代とともに減りつつあります。

私たちにとっては、いいことですが経営者からしたらどうなんでしょうね笑

 

本当にゼロゼロ物件なんてあるの?

「ゼロゼロ物件」なんて耳にするけど本当にそんな物件あるの?って思いますよね。

あるんです!

結構そこら中にあると思いますよ!

ゼロゼロ物件だと、初期費用がかなり抑えられますよね。基本的にそれぞれ家賃1か月分が相場なので、家賃2か月分抑えることができます。家賃が5万円だとしたら10万円得することになります。

めっちゃでかいですね…

一人暮らしのスタートを気持ちくきれそうですね!

 

ゼロゼロ物件って危ないの?

訳あり物件

そんな家賃2か月分も安くなるような物件って大丈夫なの?訳あり?とか思いますよね。でも安心してください。

時代とともにゼロゼロ物件が誕生しているというのが大切なポイントです。

部屋を貸す側の「競争」によってゼロゼロ物件が増えてきました。同じような場所、部屋であれば何で差をつけるか?となったら、お金に目がいきます。

もちろん入居する側もほとんど同じ物件なら安いところの方がいいですよね。

そこで、ゼロゼロ物件にすることで大幅に費用を抑えてあげることで入居を促すようにしたのです。

競争だけでなく、部屋をできるだけ空きの状態にすることなく埋めておきたいという理由もあるでしょうね。

なので、ゼロゼロ物件だからといって危ないわけでも、何か訳ありなわけでもありません。安心して、初期費用を抑えるために敷金礼金なしの物件を探してください!

 

一人暮らしの初期費用を抑えられる!

ゼロゼロ物件に入居する最大のメリットはやはり、一人暮らしの際の初期費用を大きく抑えられることにあります。

家賃の2か月分が抑えられますからね。

初期費用に必要とされる家賃5か月分が、3か月分にまで抑えられるんですからね!

できることなら、ゼロゼロ物件を探していきたいですね。

他にも、初期費用を抑える方法はあります。下記の記事を参考にしてください。

一人暮らしの初期費用を抑える方法!できるだけ節約して余裕を持ちませんか?

 

注意するところは?

ゼロゼロ物件は、初期費用も大きく抑えられてめっちゃいいじゃん!と思いますよね。

僕もそう思います。しかし、美味しい話には注意しないといけないことも付きものです。

 

短期解約違約金

すぐ入居してもらっても、すぐ出ていかれたら意味ないですよね。そこで、ゼロゼロ物件には短期解約違約金というものがよく付けられています。

この短期解約違約金は、契約年数より早く退去するとなった場合に支払う違約金です。

1年以内であれば家賃の2か月分、2年以内であれば1か月分など相場は様々ですが、せっかくゼロゼロ物件に入居したのに違約金を支払っていては意味ないですよね。

なので、ある程度早くでていくつもりなら契約する際にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

契約一時金

礼金に反感の声が上がり、誕生したのがこの契約一時金です。ほとんどの物件では見かけませんがたまに見かけることのある、この契約一時金は礼金とほとんど同じ意味のものです。

一時金であっても、戻ってくることはありません。礼金と同じものと考えてもいいと思います。

礼金が家賃1か月分が相場であるのに対して、契約一時金は10万円とする物件もあります。

物件によっては、礼金も契約一時金も両方取るようなところもありますね。

ゼロゼロ物件に入居したのに、契約一時金を払っていては礼金を払っているのと同じなので注意するようにしましょう。

 

他の名目でお金を取られる

ゼロゼロ物件なのには間違いなくても、上記で書いた契約一時金や修繕費分担金、クリーニング費など他の名目で取られる場合が多くあります。

なので、普通に敷金礼金を支払った方が費用を抑えられる場合もあるかもしれません。

しっかりと計算したり、契約時にどんな費用があるかを確認したりして、ゼロゼロ物件に入居するかを考えてください。

 

ゼロゼロ物件には魅力も注意点もある!

どうでしょうか。ゼロゼロ物件について少しでも理解してもらえましたか?

ゼロゼロ物件には、今回紹介したように魅力もあれば注意点もたくさんあります。

決してゼロゼロ物件は、訳あり物件というわけではありませんが人気が高い部屋というわけでもありません。

人気が高ければ、すぐ埋まりますからね。

しかし、ゼロゼロ物件は初期費用を大きく抑えられ生活が少しでも楽になるのには間違いありません。ゼロゼロ物件だからといって他の費用に目を向けないのはダメですが、ぜひゼロゼロ物件を探してほしいと思います。

今回のゼロゼロ物件のポイントまとめ!

  • 敷金礼金なしで初期費用が抑えられる
  • 訳あり物件というわけではない
  • すぐ退却する場合には注意を
  • 他の名目で費用が多く取られないか確認

この4点を覚えておけばゼロゼロ物件の基本は抑えられていると思います!

一人暮らしにかかる費用についての記事は下記から!

一人暮らしの費用全て教えます。一人暮らしの参考にしてください。